ミスティーノへようこそ!

オンラインカジノ確定申告が必要なケースとは?

Mystino
Mystino

29 October 2021

オンラインカジノ確定申告が必要なケースとは? Mystino

オンラインカジノは、海外においてランドカジノと同様に広く親しまれています。日本においても、オンラインカジノは海外に行かずに手軽にプレイできるため人気がでてきています。しかし、オンラインカジノで収入が発生した場合の税金について気になっている方もいるかもしれません。こちらのブログでは、オンラインカジノ確定申告について解説します。まずは、オンラインカジノ確定申告の基本情報から確認していきましょう。

 

【オンラインカジノ確定申告 ①基本情報】

 

日本においてオンラインカジノの獲得金額は所得税の課税対象となります。したがって、金額によっては確定申告が必要になる場合があります。所得税は一年間の所得に対して課されるため、一年間で得たオンラインカジノの勝利金から経費を差し引いた金額が課税対象になります。

 

【オンラインカジノ確定申告 ②税金の種類】

 

確定申告を行うにあたり、「所得」の種類が数種類あります。 オンラインカジノで得た収入はその数種類ある所得の中で「一時所得」に分類されます。一時所得の場合、収入から50万円を特別控除として差し引くことができるので、勝利金の総額が年間50万円以下の場合は所得税が掛からないことになります。

 

【オンラインカジノ確定申告 ③計算方法】

 

計算方法は以下の2つがあります。

①「一時所得」=「1月~12月の勝利金の合計額」- 「支出金額」-「特別控除額(最高50万円)」 

②「課税対象となる一時所得」=「一時所得」 × 1/2

1年間の儲けが50万円以下であれば、一時所得は0円のため税金はかかりません。 ②において、一時所得がオンラインカジノだけでない場合は、他の分とオンラインカジノの分を合算して「課税対象となる一時所得」を算出します。損失分(負けた分)は経費に算入することはできないので注意が必要です。

 

【オンラインカジノ確定申告 ④申告期間】

 

その年の1月1日から12月31日までのオンラインカジノの獲得金額が、確定申告の対象となります。オンラインカジノで得た一時所得を計算し、他の所得と併せて確定申告します。また、確定申告の時期は、毎年2月16日から3月15日までの間の1か月間です。オンラインカジノで収益がある人はこの期間中に申告する必要があります。

 

【オンラインカジノ確定申告 ⑤必要書類】

 

オンラインカジノ確定申告の際に、源泉徴収票(会社勤務の場合)、支払調書、支出に関する領収書の3つの書類が必要となります。これら3つの書類と併せて確定申告書を税務署に提出します。

 

【オンラインカジノ確定申告 ⑥確定申告の流れ】

 

①オンラインカジノで得た収入や支出の情報を収集

②必要書類の準備

③確定申告書の作成

④確定申告書の提出

⑤所得税の納付

確定申告書を必要書類と併せて2月16日から3月15日までの間に所轄の税務署に提出します。そして、所得税の納付方法は現金納付から振替納税、e-Taxなど様々な方法がありますので、ご自身にあった納付方法を選択できます。

 

ミスティーノでオンラインカジノをプレイ>