ミスティーノへようこそ!

バカラ必勝法:最高のオッズを利用する方法

Mystino
Mystino

22 September 2021

バカラ必勝法:最高のオッズを利用する方法 Mystino

バカラはオンラインカジノでも実店舗のカジノでも最も人気のあるカードゲームの1つです。そして、バカラが初心者にも上級者にも人気のゲームになった理由を理解するのは簡単です。適切なバカラ必勝法を用いれば、プレーを次のレベルに引き上げ、オッズを向上させ、更に多くの賞金を獲得することができるようになります。最高のオンラインカジノ 日本であるMystinoでは、こういったバカラ必勝法を使って優れたプレーヤーになれるチャンスがあります。

バカラはメディアでも人気があり、特にJames Bondの映画でその派手さと妖艶さが表現されています。バカラはハウスエッジが比較的低く、憶えるのも非常に簡単なので、マカオのコタイ地域にあるミニバカラのテーブルからモンテカルロやオンラインカジノのハイリミットルームまで、カジノの世界の全体に渡って非常に人気があります。

オッズということに関しても、バカラはブラックジャックや、ベター(9/6バージョン)、そそしてクラップスと並んでカジノゲームの中でもトップクラスです。バカラは様々な面でブラックジャックと似ていますが、よりシンプルかつエキサイティングです。また、初心者に優しいゲームでもあります。

バカラは運次第な側面もありますが、いくつかのヒントや、戦略、そしてハックを利用すれば勝てる見込みを劇的に向上させることができます。というわけで、この記事ではバカラ必勝法をご紹介します。

手短なバカラの歴史

バカラの魅力的で鮮やかな歴史は、Felix Falguiereinという熱心なイタリア人ギャンブラーが考案した1400年代まで遡ります。バカラはイタリア語で「0」を意味する「baccaa」という単語に由来しており、これは絵札と10のカードの価値がすべて0であるという事実を反映しています。

当初、バカラは中世で人気があったタロットカードを使ってプレーされていましたが、その後すぐに一般的なトランプが使われるようになり、フランスに伝播すると「Baccarat en Banque」の一種として「Chemin de Fer」と呼ばれるようになりました。バカラは、18世紀から19世紀の間にヨーロッパ全土に急速に普及しました。

ライター兼ギャンブラーのTommy Rezoniがキューバからラスベガスにバカラを持ち込んだと言われています。それ以降はご存知の通りです。そして現在、アメリカ合衆国ではギャンブルが違法ですが、バカラはネバダ州やニュージャージー州を含めたすべての州にある実店舗のカジノとオンラインカジノで許可されています。

バンカーへのベット:最もシンプルなバカラ必勝法

バカラ オンライン の初心者なら、「常にバンカーにベットすべき」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。これは単純に最も引用されているギャンブルに関する格言の1つではありません。

バンカーへのベットは、バカラにおいて最もシンプルであるだけでなく最も安全な戦略でもあります。そして、その要因は詰まる所、数学的な確率にあります。

1に、バンカーへのベットにおけるハウスエッジの理論値は1.06%です。同様に、バンカーへのベットの払戻率(RTP)は驚異の98.94%です。

バンカーのハンドに$1をベットしたとすると、$98.94が払い戻されるということです。この数値が理論値であり、特定のベットが他のベットよりも優れているか劣っているかということしか分からないということに注意しましょう。

98.94%というバンカーのハンドへのベットのRTPは、98.76%というプレーヤーのハンドへのベットよりも僅かに優れています。同様に、タイへのベットのRTP85.64%しかないので、前述の2つのベットよりも劣っています。

ですが、バンカーへベットするのが優れている理由は、ハウスエッジとRTPが優れているからだけではありません。バンカーへベットする戦略の数学的基礎をもう少し詳しく見てみましょう:

標準的な52枚のカードデッキが8個使用されているものとします;タイへのベットの払い戻しは81で;バンカーへのベットの払い戻しには5%の手数料がかかり;そして、プレーヤーへのベットの払い戻しが11である場合、数学的には以下のようになります:

・プレーヤーのハンドは45.87%で負け、44.63%で勝ち、9.51%でタイになります。

・バンカーのハンドは44.65%で負け、45.87%で勝ち、9.51%でタイになります。

タイになるすべてのハンドを除いた場合、バンカーのハンドは49.32%で負け、50.68%で勝つことになります。反対に、プレーヤーのハンドは50.68%で負け、49.32%で勝つことになります。

こういった数学的基礎を踏まえれば、、バンカーのハンドへのベットでは勝つことの方が多く、プレーヤーのハンドへのベットでは負けることの方が多いのは明白です。この差を補正するために、バンカーのハンドへのベットから得た賞金には5%の手数料が課されています。

この5%の手数料を含め、タイを無視したとしても、バンカーのハンドへのベットのハウスエッジは非常に優れた1.17%です。言い換えるなら、バンカーのハンドへ$100ベットする際に失う資金の理論値が$1.17であるのに対して、プレーヤーのハンドへの場合は$1.36だということです。

数学は裏切りません:バンカーのハンドへベットすれば勝てる見込みが高まります!

ですが、誤解してはいけません。プレーヤーのハンドへベットしたとしてもハウスエッジは1.36%という低い値なので、この方法も有効なバカラ必勝法となりえます。

マーチンゲールシステムと他のベット戦略

 

タイへのベットとバンカーへのベット以外でも、バカラ必勝法に加えることができる高度なベットシステムがいくつかあります。

最も利用されているベットシステムの1つがマーチンゲールシステムです。

18世紀のフランスで有名になったマーチンゲールシステムは、カジノゲームで徐々にベットを調整していく一般的なシステムで、特にバカラで利用されています。また、このシステムはルーレットや、ブラックジャック、そしてクラップスなどの他のテーブルゲームでもおまじないのような意味で利用されています。

ギャンブル以外でも、このシステムは長期的な利益が期待されるFXや、株式、そして他の金融商品の取引に利用されています。

マーチンゲールシステムはPaul Pierre Levyというフランスの数学者によって考案されましたが、John Martingaleというあくどいカジノのオーナーによって発明されたと信じている人々もいます。

その仕組みとは?マーチンゲールシステムは平均回帰理論に基づいています。この理論では、歴史的な利益とアセットの価格(金や、原油、株式、FXなど)が長期的には平均に戻るとされています。

バカラでは、このシステムは払戻しが長期的にはベットのRTPに近づくことを想定しています。簡単に表現するなら、特定のハンドはいつかの時点で必ず勝つということです。

基本的なマーチンゲールシステムの要点は、あるベットで負けた場合、次のベットで金額を2倍にするということです。

例えば、バンカーのハンドに$10をベットして負けた場合は、次は同じバンカーのハンドに$20をベットします。ですが、これで終わりではありません。

この理論では、このプロセスを勝つまで継続することになっています。ですから、次にした$20のベットで負けた場合は、その次のベットでは最初のベットの4倍である$40をベットすることになります。

勝った場合は、ベット金額を最初の金額に戻します。上記の例の場合、バンカーのハンドに$40をベットして勝ったとしたら、ベット金額を最初にベットした$10に戻すということです。

おおまかなマーチンゲールシステムの考え方は、このサイクルの中でプレーヤーが最高金額のベットで勝つことになるということです。先の例では、プレーヤーが総ベット額$70($10+$20+$40)$80を獲得することになります。

ご覧の通り、このシステムは長期的には100%近い成功率を持っています。ですが、確実に勝てるように見えても、マーチンゲールシステムには以下のようなリスクと欠点があります:

・資金が少ないと勝つ前に資金が尽きてしまう可能性があります。

・連敗する数が多すぎると、ベット額がテーブルの上限に達してしまう可能性があります。ベット額を2倍に出来なくなるので、この点は非常に大きな欠点です。

結論

 

バカラで安定して勝ちたいなら、適切なバカラ必勝法はもちろん適切な手じまい戦略も必要になります。プレーを始める前にバカラの基本を学んでおきましょう。