ミスティーノへようこそ!

バカラ 罫線の見方と攻略法

Mystino
Mystino

25 February 2022

カジノ 最高額 Mystino

バカラは、運と少しのコツだけでプレイできるため初心者のあいだでも人気のカジノゲームです。バカラ攻略の一つにバカラ 罫線の読み方があります。バカラ 罫線を読むことで、ゲームの偏りや傾向がわかるようになります。バカラ 罫線の見方についてしっかりとおさえていきましょう。

【バカラ 罫線 バカラ基本ルール】

バカラは、バンカー(BANKER)とプレイヤー(PLAYER)どちらが勝つかを想定してベットするとてもシンプルなゲームです。引き分けの場合は、タイ(TIE)となります。

 

ゲームの勝敗は、配られた2枚(または3枚)トランプカードの合計数字の下一桁が9に近い方が勝利となります。数字の「2」~「9」はそのままで、「10」「J」「Q」「K」は「10」としてカウントされ、「A」は「1」としてみなされます。

 

合計数字の下一桁で勝負するため、例えば2枚の合計が18であれば、「8」と数えます。ゲームの決着スピードが高速で、短い時間で大きな賭け金が動くこともあるという特徴があります。バカラの基本ルールに関しては、ミスティーノのバカラ解説動画も参考になると思います。

 

https://youtu.be/6_hTWRmhG4U 

【バカラ 罫線 読み方】

バカラ 罫線とは、ゲーム結果を記録した表のことです。通常、運の要素が多いと言われているバカラですが、バカラ 罫線をうまく活用することで勝ちに一歩近づくことできます。

 

一般的に、「大路」と呼ばれるバカラ 罫線が1番わかりやすく注目する人も多いと言われています。これは、同じ方に勝ちが続いたら同じ記録を下に書いていき、もう片方に勝ちが変わったら次の列に移動していくという方法です。このバカラ 罫線から、規則性を見出して勝敗の流れを予測することができます。

 

「大路」の他にも、「大眼仔(ダイガンチャイ)」、「小路(シュウロ)」、「甲由路(カッチャロ)」といった応用編のバカラ 罫線もあります。

【バカラ 罫線 用語】

バカラ 罫線の「大路」において、知って得する用語がいくつかあります。たとえば、「横に走る」とは、プレイヤーとバンカー交互に勝利して記録が横に連なっている状態を意味します。「横面」、「テンコ」または「テレコ」と呼ばれることもあります。

 

「面」とは、片方の勝利が連続していることを表していて、縦に記録が続いていることです。これを基に、どちらが次に勝利する可能性が高いかを予測することを「面を追う」と言います。また、2勝1敗というゲーム結果が続いている状態は、「ニコイチ」または「ニコニコ」と呼ばれます。

 

以上、バカラ 罫線の見方について解説しました。運の要素が高いバカラですが、バカラ 罫線をうまく使うことでバカラ攻略ができることが分かったと思います。最高 の オンライン カジノであるミスティーノでは、様々なバカラゲームをご用意しております。ぜひプレイしてみてください。