ミスティーノへようこそ!

スプリット ブラックジャック:その意味と利用すべきタイミング

Mystino
Mystino

15 October 2021

スプリット ブラックジャック:その意味と利用すべきタイミング Mystino

スプリット ブラックジャックはディーラーと戦う上で重要なツールの1つです。スプリットに関する詳細と使うべきタイミングをみてみましょう。 

ブラックジャックにおけるスプリットとはどういう意味なのでしょう?スプリットは、最初に配られたハンドが数字の同じ2枚のカードで構成されているときに実行できます。最高のオンライン カジノであるミスティーノでは、スプリット ブラックジャックを使って更に優れたプレーヤーになれるチャンスがあります。

スプリットをすると、数字が同じ2枚のカードを2つのハンドに分けて、それぞれに追加のカードを受け取ることになります。 

ブラックジャックでスプリットをするには、新しくできたハンドに追加のベットをしなければならず、その金額は最初にしたベットと同じでなければなりません。

ブラックジャックではいつスプリットをすべきなのでしょう?

ブラック ジャック カジノでは、確率的にスプリットをした方が良い特定のハンドが存在します。また、絶対にスプリットすべきでないハンドもありますし、ディーラーの表向きのカード次第のハンドもあります。

こういったルールに従っても必ず勝てるわけではありませんが、長期的には勝てる見込みが高まります。

 

常にスプリットする

 

1.エースのペア

ブラックジャックには10の価値を持つカードが多いので、エースのペアをスプリットすることは理にかなっています。 

エースのペアをスプリットしなかった場合、一方のエースの価値が1となり、もう一方のエースの価値が11になるので、 

次のカードで21を作るには9を引くしかありません。一方で、10の価値を持つカードを引くと両方のエースの価値が1になるので、ハンドの合計値が12になってしまいます。

2.8のペア

ブラックジャックでは8のペアが非常に弱いハンドであることを認識するのが重要です。これはスプリットするかどうかに関係ありません。

8のペアを1つのハンドとしてプレーしても、どうこうできる余地は殆どありません。6以上のカードを引けばバストになってしまいます。8のペアをスプリットすれば、もっと強いハンドを持てるチャンスが生まれます。

 

決してスプリットしない

 

1.10のペア 

10のペアをスプリットすることは確率的にお勧めできません。なぜなら、スプリットしたとしても、2つのハンドのどちらかで20よりも良いハンドができる見込みは高くないからです。

2.4のペア 

4のペアを持っていれば次にヒットしても絶対にバストになることはありません。最高でも19になるので、これは悪くありません。スプリットした場合、5と、6、または7を引けば元々の4のペアよりも優れたハンドになります。

3.5のペア

少し考えてみると、既に10ができていることが分かると思います。これは優れたハンドなので、ディーラーが9や、10、またはエースを持っていない限りダブルダウンすべきです。5のペアをスプリットしてもハンドが弱くなる見込みが高いですし、バストになる可能性も高まります。

 

ディーラーの表向きのカード次第でスプリット

 

1.2のペアや、3のペア、または7のペアを持っていて、ディーラーの表向きのカードが2から7の場合

ブラックジャックでは、この3つのペアは一般的に難しいハンドだとされています。この3つのペアでは1-2回のヒットでバストになる可能性があるからです。この3つのペアはスプリットしましょう。確率的にはハンドが強くなる見込みが高くなっています。

2.9のペアを持っていて、ディーラーの表向きのカードが2から6、8または9の場合

18でヒットするのは狂った行為ですが、勝つことは可能なのでスタンドすることも優れた選択ではありません。この場合、確率的にはスプリットすべきです。

3.6のペアを持っていて、ディーラーの表向きのカードが2から6の場合

確率的には、ディーラーの表向きのカードがこの範囲の場合、6のペアをスプリットする方が1つのハンドとしてプレーするよりも勝てる見込みが高まります。6のペアをスプリットすれば10をゲットできる可能性があります。そうすればディーラーがバストする可能性が高いので有利になります。

 

スプリット ブラックジャックのルール

 

プレーするブラックジャックのタイプと、利用する実店舗のカジノやオンラインカジノの独自のルールを常に確認するのが重要です。 

スプリットに関するルールも確かめておく必要があります。プレーする前に以下のような点をしっかり確認しておきましょう:

1. 一部のカジノでは、10の価値を持つカードは数字が同じものしかスプリットできません。つまり、10-10のハンドはスプリットできますが、ジャック-クイーンはスプリットできないということです。

2. 最初にスプリットした後は、ダブルダウンと更にスプリットすることが制限されている可能性があります。

3. 最初にスプリットした後は、エースと10の価値を持つカードで構成される21がブラックジャックと見做されない可能性があります。

4. エースのペアをスプリットすると、一般的に1回しかヒットできません。

 

結論

 

2枚の8や2枚の6などのように数字が同じ2枚のカードを持っている場合、2つのハンドに分けることができます。スプリットしてハンドを2つにすると、分けた方のハンドにも最初にしたベットと同額のベットをする必要があります。