ミスティーノへようこそ!

パチンコとスロットの違いとは?

Mystino
Mystino

18 October 2021

パチンコとスロットの違いとは? Mystino

世界には様々な形式のギャンブルがあり、それぞれの国の人気のギャンブルにはそれぞれの文化的規範が関わっています。日本も例外ではありません。なぜなら、パチンコは世界の他の国々と比較して日本で極めて人気があるからです。そして、パチンコは世界で親しまれているスロットと似ているところがありますが、いくつかの興味深い違いもあります。

ゲームの構造におけるカジノ パチンコ 違い

 

パチンコとスロットの最も大きな違いは、カジノ ゲーム の構造です。スロットは、ここにリストされているサイトでプレーできるもののように、たった1つのステージで構成されており、回転させるリールがゲームのすべてです。一方で、パチンコには複数の要素があります。パチンコにはスロット的な要素が登場する前にプレーヤーがコントロールできる部分があります。

また、パチンコは一般的にスロットには無いような結果に対する透明性の要素も持っています。パチンコではそれまでにプレーされたスピンの回数だけでなく、そういったスピンのうち何回当たったかも見ることができます。こういった情報はプレーヤーにとって役立ちます。少なくとも迷信的ではありますが、どの台でプレーするか決める上で参考になります。一般的に、スロットではそういった情報は提供されていないので、パチンコは迷信的な意味ではありますがこの点で楽しさが追加されています。

 

スキル要素

 

パチンコと スロットゲーム のもう1つの重要な違いは、パチンコにはスキル要素があることで、この点は他の多くのギャンブルと一線を画しています。パチンコにおける目標は玉を当たりの穴に入れることで、この穴に玉を入れるとスロット的な要素をプレーして更に玉を獲得できます。当たりの穴に玉を入れるには適切な角度で玉を打ちだす必要があります。これには細かい部分への高い集中力と素早く適切な調整をする能力が必要になります。こういった要素はスロットでは求められません。

パチンコでは玉を打ちだす角度の調整に加えて適切な速度で打ちだす必要もあります。玉の速度が速すぎても遅すぎてもターゲットの穴に入れることはできません。パチンコの人気が高まる中、より多くのプレーヤーたちが適切な角度と速度で玉を打ちだすために必要なことを学んでいます。

 

文化的違い

 

また、スロットとパチンコには文化的違いもあり、こういった違いはパチンコ店が日本で主要な産業として進化を続ける中で生じてきました。カジノのギャンブルは一般的に社交的なイベントです。特にスロットは多くの国々でプレーされているのでそういった面が強いでしょう。そういった場所では、プレーヤーたちは相手のことを知らなくても隣に座った他のプレーヤーたちと会話しながらプレーしています。一方で、パチンコはより孤独なゲームで、プレー中にプレーヤーたちが話すことはそれほどありません。

殆どの場合、パチンコをプレーしながら他のプレーヤーとやり取りすることはあまりありません。パチンコの非社会的な性質は、日本の独特な文化だと言えます。

 

オンラインでの利用状況

 

オンラインでスロットをプレーできることは、パチンコとスロットのもう1つの違いです。パチンコでは玉を使用する要素のおかげで、オンラインで再現するのが簡単ではない物理的な側面があります。オンラインでパチンコをプレーできる方法はありますが、実際のパチンコ店と感覚が違うので、多くのプレーヤーたちからはあまり好まれていません。一方で、スロットはオンラインとの親和性が高く、実際のスロットでもオンラインのスロットでもリールが同じように回転しているように感じられます。プレーヤーがギャンブルに望むことが、最適な選択肢がどれなのかということに影響します。

パチンコには内部にスロット的な要素があるだけでなく、スロットに無い要素も数多くあります。この記事で紹介した違いはどちらのゲームにも魅力になりますが、パチンコにはスロットには真似できない魅力があり、これは大部分がプレーにおけるスキル要素によるものです。

ミスティーノカジノでパチンコ風スロットをプレイ!