ミスティーノへようこそ!

得するか損するか?インシュランス ブラックジャック

Mystino
Mystino

27 February 2022

blackjack

ブラックジャックは、21を超えないようにより高い合計点を目指すシンプルなゲームですが、駆け引きが垣間見れる頭脳戦でもあります。いくつかあるブラックジャック攻略法のなかで、インシュランス ブラックジャックがあります。インシュランス ブラックジャックは、果たして得なのかそれとも損なのかを考えてみましょう。

【インシュランス ブラックジャック 基本ルール】

ブラックジャックは、プレイヤーとディーラーが対戦する形式で、配られるカードの合計点数が21点を超えない範囲でより高い点数を目指すカードゲームです。プレイヤーが勝利した場合、配当を獲得できます。一方で、プレイヤーのカード合計が21を超えた時点で負けとなります。

 

ディーラーによって配られるカードは、2~10はその数字通りで、絵札は10としてカウントされます。ただ、「A(エース)」は、1と11のどちらか都合のよい方で数えることが可能です。プレイヤーは、スタンド(カードを引かずにその時点の点数で勝負すること)またはヒット(カードをもう一枚引くこと)を判断してゲームを進めていきます。

【インシュランス ブラックジャック 使い方】

インシュランスとは、ディーラーの1枚目のカードある「アップカード」が「A」の時に選択できるアクションです。アップカードがAである場合、隠しているカードがもし「10」か絵札なら最初の2枚でディーラーがインシュランス ブラックジャックを成立させてしまうことになります。

 

その場合、プレイヤーのカードが21ちょうどでない限り、負けとなってしまい最初の賭け金が没収されます。そのような不利な状況を回避するために、ディーラーがインシュランス ブラックジャックになる可能性に対する「保険」としてインシュランスを行使することができます。インシュランスには、最初の賭け金の半額を追加でベットする必要があります。

 

【インシュランス ブラックジャック メリット・デメリット】

インシュランスを使えば、ディーラーがインシュランス ブラックジャックになったとして、賭け金の3倍の配当を獲得することができます。インシュランスの賭け金3倍は、最初の賭け金と同額なので予測が当たれば結果的にプラマイ0に持ち込むことができます。

 

一方で、予想がはずれてインシュランスに失敗した場合は損失が大きくなる可能性があります。アップカードが「A」でディーラーがインシュランス ブラックジャックとなる確率は約30%です。裏を返すと約70%の確率でブラックジャックが成立したいわけですからインシュランスの成功率は低いとも言えます。したがって、基本的にインシュランスの使用は避けたほうがよいという見方もあります。

 

以上、インシュランス ブラックジャックについて紹介しました。結果的にディーラーがインシュランス ブラックジャックした場合には保険の役割を果たしますが、予想が外れた際は損失を受けることになります。インシュランスを必ずしもかけないという選択肢もあることが分かったと思います。日本 オンライン カジノ最大級のミスティーノでは、様々なブラックジャックゲームをご用意しております。だれでもカジノ 最高額を目指すことができます。ぜひプレイしてみてください。